死んでから行くのは天国や地獄ではなく魔法とかがある異世界です
作者名: ダンボール
【出だし200文字】
「…ここは?」 少年が目を覚ますとそこは見渡す限り白しかない世界だった。 「あら、ようやく起きたのね~」  突然声がしたので辺りを見回すが誰もいない。 「こっちよ~。こっちこっち~。」 声が近くなってきて上を向いてみるとロングスカートを履いている女性が空から降りてきていた。 (ピンク…) 「も~どこ見てるの~」  その女性はおっとりした声でそう言いながらふわりと地面に降りた。 「あ、いや、その、す//
キーワード R15 異世界転移 異能力バトル 魔法 チート 学園 
種別 連載〔全5部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 17,009文字
掲載日 2017年 10月 13日 23時 13分
最終投稿日 2017年 11月 02日 22時 30分
Nコード N9677EH
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 生まれてからずっと病院の中で生きて、16歳で生涯を終えた舞原春斗が最初に目覚めたのは辺り一面真っ白な世界。そこで彼の眼の目の前に現れたのは桜を司る神という女性。
 その女性からは異世界に行ってもらうと言われほとんど無理やり異世界に送られることに。
 つぎに目を覚ますとそこは魔法がある異世界だった。その世界で春斗は学園生活を送ることになる。そこで出会うは狼男やあらゆる動物を使役する女性。不死身の少女など…
 果たして春斗は生き抜いていくことができるのか。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。