双宿双飛のワンダラー
作者名: 本堂ゆうき
【出だし200文字】
 天を覆う黒雲から絶え間なく降り注ぐ雨は滝のように強かった。  それは恵みの雨を通り越して大地を流してしまうかのような豪雨だったが救いにも感じられただろう――この場に生き残った人がいたならば。  この雨の中で沈静化しつつあるとはいえ少し前まで周囲は火の海だった。  木造の家々は一つ残らず焼かれ、田畑は焼失し、人も家畜も軒並み炎に包まれた地獄絵図。  倒れ付した人々は、最早人と分かる姿を留めてい//
キーワード R15 残酷な描写あり 異能力バトル 冒険 ラブコメ 男主人公 ハーレムなし 主人公は現地主人公 ヒロインは面倒可愛い メンドイン 冒険譚 犬気質 
種別 連載〔全72部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 372,698文字
掲載日 2017年 09月 25日 08時 16分
最終投稿日 2017年 12月 17日 18時 00分
Nコード N9743EG
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】

「諦めるな。人が生きる限り、時代は先へと続いて行く」

 
 数多の高度文明の数々を残して世界は一度破滅の時を迎えたという。
 グラムピア暦317年。先史を生きた人類の残した言葉を胸に、
 人々は幾つかの文明と国の復興と共に――騒乱の絶えぬ世界を強く生きていた。

 多くの偉大なる前例の技術に追いつき追い越せと。
 その情熱だけで人間は極めて早い段階で多くの技術を手にした。
 それでもなお全貌を明かすことの出来ぬ古代文明の遺産「オーファクト」

 その遺産を巡る戦いで天涯孤独となった少年アルセス・ルーナンは
 この平穏と騒乱とが入り混じる世界で特異な才能を生かして世界を旅し、
 ある一つの物を追い求める。

 己の相棒である魔剣のオーファクトに宿る少女ティエルライーナを、
 解き放つ手段であった。

 実在するかは不明。
 けれども、世界の全てを探しつくすまで諦める事は出来ない。
 オーファクトを扱える者「ワンダラー」の適性を持つアルセスは、
 ありとあらゆる手を尽くしてその願いを叶えるべく走ると決めた。
 決して俯かず前を向く少年の隣には小悪魔チックな少女が常に傍らにいたのだった。

※ 基本隔日で18時更新。告知後、休むこともあります。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。