異世界居酒屋「のぶ」
作者名: 蝉川夏哉/逢坂十七年蝉
【出だし200文字】
「最近、古都でちょっと話題になっている店があるんだ」  そう聞いただけでハンスの腹が鳴った。  厳しい訓練の後である。  ハンスは安月給で雇われている古都の衛兵で、給料の中には訓練を受ける義務も含まれていた。お陰で多少は体つきがしっかりした気がしないでもないが、茶色の癖っ毛と大きな目の所為で、二〇を過ぎたのに年よりも少し若く見られる。  新しい百人隊長は傭兵上がりで、訓練は滅法厳しい。今日も今日//
キーワード 異世界転移 日常 異世界トリップ ほのぼの 居酒屋 料理 
種別 連載〔全145部〕
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 454,052文字
掲載日 2012年 10月 18日 00時 35分
最終投稿日 2017年 02月 03日 01時 00分
Nコード N9773BJ
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
古都の路地裏に一風変わった店がある。
居酒屋「のぶ」
これは、一軒の居酒屋を巡る、小さな物語である。
警告
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。