花嫁クエスト
作者名: 玉兎
【出だし200文字】
 その日、俺は暗い顔をした女神さまに呼び止められた。 「テオ、少しよろしいですか?」 「はい……って、アスティア様、どうなさったのです!? そのような顔をなさって!?」  何かを案じるように眉根を寄せる女神を見て、俺は思わず驚きの声をあげていた。  憂いが濃い影となって神の秀麗な顔を覆っており、長く伸びた黒髪を額から払う仕草も、どこか心ここにあらずという体である。  それを見た俺は言いようの//
キーワード 冒険 ファンタジー 異世界 ハーレム 戦い 
種別 連載〔全141部〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 850,867文字
掲載日 2015年 12月 30日 02時 56分
最終投稿日 2017年 06月 21日 20時 48分
Nコード N9794DA
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
最も多くの花嫁を連れて来た者に王位を譲る――ひとりの英雄王が発した布告は、大陸を揺るがす動乱のさきがけだった。

北の方、ウィンディア王国に仕えていた騎士テオは、自国の王のトンデモ宣言に仰天しつつ、内なる野心に突き動かされて国を出る。
各地でくすぶる不和と疑念。見え隠れする謀略と魔人の影。
人と魔物、神と妖精が共に生きるシルリス大陸は、静かに、しかし確実に破滅への道を歩みはじめており、テオと仲間たちはいやおうなしにその波に飲まれていく。

抗いがたい潮流の中で王位と花嫁を求める青年が何を為すのか、この時はまだ、当人を含めて誰も知る者はいなかった。



縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。