男装少女は騎士を目指す!
作者名: 浅名ゆうな
【出だし200文字】
 野生動物がうろつく自然そのままの山に、茂みを掻き分け鹿を追う一人の少女がいた。  山を駆け回ることに慣れた体はすらりと細く、獲物を見定める眼差しは凛と厳しい。  幾何学模様に染め上げられた膝丈の上衣を腰ひもで結び、下履きは皮をなめした長靴に入れ込んでいる。頭には、赤と白に染め分けられた尾羽が幾つも刺さった帽子を被っていて、これには山の恵みを分けていただくことへの感謝が込められている。狩猟時の儀式//
キーワード R15 残酷な描写あり 身分差 年の差 青春 剣と魔法 平民差別 段々仲間が増える 鈍感 逆ハーレムっぽい? 基本のんびり 残酷描写ありは保険 マイペース主人公 騎士 血の繋がらない兄妹 王子 
種別 連載〔全81部分〕
ジャンル 異世界〔恋愛〕
文字数 291,055文字
掲載日 2017年 10月 14日 08時 38分
最終投稿日 2017年 12月 14日 12時 21分
Nコード N9822EH
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
人里離れた村で生まれ育った野生児⋅シェイラは、憧れの騎士になるために男装して王立学院に入学する。 しかしそこに待ち受けていたのは、個性的な美形貴族ばかり。平民に対する偏見や嫌がらせも何のその、持ち前の鈍感力と能天気でどんどん居場所をこじ開けていく。 ――――――「え?貴族しか魔力を持たない?でもうちの村、全員精霊術が使えましたけど」――――――  国を根幹から揺るがす精霊術と性別がバレたら即アウト!シェイラの綱渡り寮生活が幕を開ける!  *王道な恋愛物を目指しています。主人公が鈍感なので、初期は恋愛色薄いかもしれません。長い物語になりそうなので、恋愛はゆっくり展開です。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。