魔王撲殺
作者名: 小林晴幸
【出だし200文字】
 私の右手には、血で赤く染まったタカシ君の金属バット。  足元には頭からだくっだくっと流した血で地面を赤く染める、イカレた格好の見知らぬお兄さん。  傍から見たも何も、どこからどう見ても加害者と被害者の図にしか見えん。  そんな状況下で、図式を構成する片方(加害者側)であるところの私。  混乱する頭で必死に冷静さを取り戻そうと、自分の身元やこうなるに至った経緯を思い出して状況を整理する。 //
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転移 冒険 現代日本人 金属バット 魔王 魔族 幽霊 ドラゴン 巨人 勇者 神々 死神 世界樹 樹液 撲殺 事故 勝手に進化する武器 うっかり 空の旅 暴力・流血表現有 異世界召喚・転生 主人公=加害者 藁人形 
種別 連載完結済〔全9部〕
ジャンル コメディー〔文芸〕
文字数 133,830文字
掲載日 2017年 05月 25日 23時 39分
最終投稿日 2017年 07月 12日 01時 14分
Nコード N9917DZ
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
――その女は、金属バットを手に降臨した――
 最初の犠牲者は、魔王だった。凶器はタカシ君の金属バット。
異世界へと召喚されてしまった絵麻さんは、思う……「やっべ、どうしよ!?」。
 ――これは、うっかり事故で魔王を撲殺してしまった絵麻さんと、そんな絵麻さんに背後霊よろしくサポートキャラ状態で同行する魔王の瀧本さんが、瀧本さんの復活をかけて世界樹(の、樹液)を手に入れるべく駆け抜けた冒険???のお話。一週間という限られた時間内に、二人は無事に世界樹(の、樹液)を手に入れることが出来るのか!? そしてタカシ君の金属バットはナニをどれだけ撲殺してしまうのか! 魔王を撲殺したことを皮切りに、絵麻さんの武勇伝(事故)が始まった……。

(こちら、既に一度『小林晴幸のネタ放流場』に出した内容を連載にしたものになります。第一話はネタ放流場に投稿したものと全く同じです。撲殺はじめ暴力表現と流血表現が毎回のように出て来る予定なので、年齢制限はR15ってことにしています。)追記:不定期投稿の予定です。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。