異世界で双子の娘の父親になった16歳DT-女神に魔法使いにされそうですー
作者名: バイブルさん
【出だし200文字】
 冷たい風を大きな図体で受け止め身を震わせるジャンバーのポケットに両手を突っ込み、猫背で定番のクリスマスソングが流れる商店街を歩いてる少年がいた。  無精で伸ばしているようにしか見えない長い髪を無造作に後ろで纏め、目がやさぐれた感じに見える。  これが実はデフォという驚きの事実で、決して、やさぐれている訳ではない。 「ちぃ、今日は日本で一番、ズッコンバッコンやってる日だって言うのに、俺はなん//
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転移 ヒーロー 残念な描写あり 孤児を育てる少年 2人じゃ済まない 父親が俺で母親が女神 DT捨てたい えっちぃのは駄目です 駄女神様と残念精霊 体育会系思考 ネット小説大賞六 皆の最強のお父さん リアル父、閲覧注意 娘の言葉で一喜一憂 子供達の成長 
種別 連載〔全364部分〕
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
文字数 1,463,932文字
掲載日 2015年 12月 30日 16時 41分
最終投稿日 2017年 06月 19日 21時 13分
Nコード N9975DA
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 こちらをお読みになられたら続編『ウロボロスの尾を断つ神剣ー連理の枝の巫女ー』もお願いします。

 加筆修正の為、完結設定から連載に切り替えております。終了した後、完結設定に戻しますのでしばらく連載に切り替えている事をご了承ください。

 高校1年目のクリスマスイブの夜。異世界へと繋がる扉が開かれる。

 出会った女神に授けられるチート等々。授けられたモノの中で、どう対処していいか分からないモノに、これはどういう事だっと問いかけると、

「えっと、つまりね? 今日から、この娘達の父親は貴方なのです」

 子作りをした事ない俺がどうして父親に?

 途方に暮れるが、働かないと生活ができない俺は冒険者になり、娘2人とぎこちない共同生活が始まる。
 押し付けた女神はどうしたって?一緒に暮らして、母親やってるよ、はぁ……

 更新は基本2~3日ぐらいでしていく予定です。よろしくお願いします。

 アルファポリスでも掲載始めました。読みやすい方でお願いします。

 2017/07/29を持って誤字などの修正の窓口を閉鎖させて貰いました。引き続き、感想の方には対応はさせて貰いますのでご了承ください。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。