うそつき
作者名: 337
【出だし200文字】
 僕は嘘つきで嘘つきだから、ずっと嘘をつき続けるんだ。  それをみんなは悪いと言うかもしれない。  それでも僕は嘘をつき続けるんだ  僕には嘘しかないから。  僕は嘘しか持っていないから。  だから、これからも嘘をつき続けるんだ。  君は僕のことをどう思うのかな?  嘘をつけない君は何を思うのかな?  正直な気持ちで向き合ってくれるのかな?  それに僕はどんなふうに向き合うのかな?  きっと嘘で向//
キーワード 冬童話2017 
種別 連載完結済〔全2部〕
ジャンル 童話〔その他〕
文字数 3,444文字
掲載日 2017年 01月 11日 04時 53分
最終投稿日 2017年 01月 11日 20時 00分
Nコード N9986DS
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 ある日、嘘つきな僕は正直者な君に呼ばれた。

 ――ねえ、嘘はいけないのかな?

-冬童話2017参加作品-
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。