単語検索

1作品
1ページあります。
ジャンルで指定
読了時間で指定
種別で指定
並び替え  順で表示しています。
[-1-]
連載中(全20部分)
読了時間:約73分(36,191文字)
ジャンル:その他〔その他〕
Nコード:N9749EG
 初めましての方もいらっしゃるかも知れませんが、いつもありがとうございます。直井 倖之進です。  拙作の投稿も今回で11作目となります。10作でひとつの区切りがつきましたので、気持ちも新たにやっていこうと思っています。よろしくお願いいたします。それでは、あらすじです。    あらすじ  十五年前。全員保護という形で、発生から僅か三日で解決した男子生徒五名による“中学生一斉失踪事件”。全ては、そこから始まった。  今年、七月七日。霞が関の研究施設に、ひとりの男が到着した。男の名は、黒崎剣一。十五年前に失踪した当時の中学生の一人である。彼を呼び立てたのは、韮沢内閣総理大臣だった。  韮沢総理は黒崎に、国の管理下から逃れたテロ対策殺人専門部隊(通称『MC』)を連れ戻すための指揮官を務めるよう命じる。彼の補佐官には、荻原澪が充てられた。  十四歳の子供たち四人で組織される部隊『MC』に対し、黒崎の指揮下に国が用意した者たちもまた六人の中学生だった。  殺人には生きる意味を見出せず、苦悩の中でその答えを求め続ける『MC』。  種々の理由により、全国各地から突然召集されることになった六人の中学生。  個々それぞれの戸惑いと葛藤が渦巻く中、両者は、交渉の場となる国会議事堂で衝突することとなる。  本作は、私が7年前に書いたものです。そのため、現在(平成29年)とは、街の様子が変わってしまっている場合があります。また、登場人物の服装や話す内容なども、若干古いことがあります。予めご承知おきください。  更新につきましては、3日に一度。次回更新予定日は、各話後書きにてお知らせいたします。

キーワード: 日常 青春 MC 中学生 テロ 剣道 国会議事堂 福岡 東京 神奈川 岩手 大阪 平成 現代 臥蛇島
最終更新日:2017年 11月 21日 総合評価ポイント: 0 pt 評価人数: 0 人 評価点: 0 pt

[-1-]