猫さんの瞳に魅せられて
作者名: 猫村銀杏(ねこむらいちょう)
【出だし200文字】
第一章 こんにゃちはー 「こんにゃちはー」  近所の学校帰りの女の子が明るい声で元気いっぱいにあいさつしてきた。真夏の灼熱の太陽が照りつけているというのに、子どもは元気だ。しかも照れっぽさなど一切なく、盛大に噛んでしまっている 「こんにちは」  シキは思わず笑うのをこらえながら、元気な声で返した。  シキは、普通の大学生。  午後の授業が休講になって、午前中で学校の終わったシキは、ハイテンション//
キーワード 猫 現代(モダン) ファンタジー 小学生 シリアス HJ大賞 
種別 連載〔全6部分〕
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 117,435文字
掲載日 2016年 05月 03日 18時 27分
最終投稿日 2016年 05月 03日 18時 45分
Nコード N0132DH
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
普通の大学生の主人公シキ。
特別な個性のないと思っているシキだが、人から見ればシキは大の猫さん好き、それを越えた猫キチである。
シキは、飼い猫のクリーム、トラと平穏な日々を過ごしていたが、猫さん達のある秘密を知ったことで、彼の日常はがらりと変わっていくことになる……。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。