へい彼女、俺で妥協しない?
作者名: フィーカス
【出だし200文字】
 駅前の周辺は、深夜になるとナンパ待ちの女が多いことが有名だ。それを知っている遊び人の男たちは、待っている女にナンパを仕掛ける。近くにはカラオケもゲームセンターもあり、ラブホテルも多い。カップルが夜を過ごすにはうってつけなのだ。  サトミは親と喧嘩したために家を飛び出し、初めて深夜の駅前にやってきた。どうせ彼氏もいないことだし、お金もないので男と夜を明かそうと考えている。  さすがに有名どころなの//
キーワード 日常 文学フリマ短編小説賞 現代 
種別 短編
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
文字数 4,021文字
掲載日 2016年 06月 16日 11時 28分
Nコード N1081DJ
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
一時期Twitterでよく耳にした新手のナンパ文句、「へい彼女、俺で妥協しない?」。もしこの文句によって付き合ったら、二人の人生はどうなるのだろう? 以前書いた「へい彼女、俺で妥協しない?」の加筆改稿版。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。