辺境魔法学校
作者名: 金暮 銀
【出だし200文字】
 神宮寺(じんぐうじ)誠(まこと)は一両編成の列車から無人駅に降り立つと、全力疾走した。もう、間に合わないかもしれない。だからといって、走らずにはいられなかった。 「高校中退して、家の金を盗んで、命を張る覚悟で、飛び出してきたんだ。今さら、鹿ごときのせいで、試験を諦められるか。俺は絶対に魔道師になるんだ」  北海道に来た経験がなかったので、交通の便が、まるでわからなかった。  それでも、事前に//
キーワード R15 残酷な描写あり 魔法学校 生き残りゲーム 魔導師 学校生活 血の描写あり 魔道書 違う地球 
種別 連載完結済〔全52部分〕
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 146,657文字
掲載日 2017年 11月 04日 18時 14分
最終投稿日 2017年 11月 06日 21時 46分
Nコード N1444EJ
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 西暦二〇〇三年に魔法が復活し、我々の地球と別の歴史を歩んだ世界。そこでは、魔導師が存在した。そんな中、辺境魔法学校と呼ばれる、魔法学校が存在する。
 時は二〇一六年。年齢不問・学歴不問・犯罪歴不問・入学金及び授業料無料で、修得に十年掛る魔法を、たった三ヵ月で教えてくれる辺境魔法学校。
 魔導師に憧れる神宮寺誠は高校中退を覚悟の上で、家から金を持ち出し、死亡率八割といわれる入学試験を受けに向う。だが、そこでは夢見た世界とは違い厳しい現実が神宮寺を襲う。
(pixivに以前に投降していた作品です。現在はpixivには掲載しておりません)

2017/11/17追記:52話で終わる予定でしたが、人気が出てきたのでもう少し続けけようと思います。
        再開は2018年1月からを予定しています。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。