しみが住む部屋
作者名: ナチ
【出だし200文字】
「あんまり飲むなよ、四本しか買ってねえんだよ」 「いいじゃないですか引っ越し祝いってことで。しっかしいいとこ見つけましたよねェ」 「まあな、日頃の行いがいいから」 「日頃の行いがいいねェ、そんな人が女に叩きだされますかねェ」 「てめ、」 「わっウソウソすいません感謝してますって」  でもほんとラッキーっすよねェ、と堺はへらへらと笑った。    駅から歩いて三分弱。キッチンは手狭だが風呂とトイレは別//
キーワード 現代 男主人公 
種別 短編
ジャンル ホラー〔文芸〕
文字数 4,278文字
掲載日 2014年 08月 16日 12時 07分
Nコード N1756CG
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
破格の家賃につられて、いわくつき物件に後輩と同居を始めた。何も起きなかった……はずだった。(※個人サイトからの転載です)
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。