神統記(テオゴニア)
作者名: るうるう
【出だし200文字】
 その日も、果てもなく殺し合いが続いていた。  死神の気配の濃密さに心臓がもみ絞られ、呼吸が速くなる。  定まらない視界は少年の足元をおぼつかなくさせ、横たわる死体を避けた次の瞬間に予期せぬ泥濘(ぬかるみ)に引きこまれて体勢を崩した。  辺土(へんど)と呼ばれる貧しい乾いた土地が、その日は雨上がりのようにそこここがぬかるんでいた。  むろんそれは雨などではなく、生臭い臭気を発する死者の血//
キーワード R15 残酷な描写あり オリジナル戦記 俺TUEEだが隠す ヒーローもの ハーレム要素あり 男主人公 
種別 連載〔全52部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 202,922文字
掲載日 2017年 08月 07日 03時 48分
最終投稿日 2017年 11月 20日 05時 44分
Nコード N1784EE
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
人族はたびかさなる他種族の侵入に苦しめられていた。
痩せた土地を奪い合い、殺し合いを続ける辺境の地で、その少年は空きっ腹を抱えながら生きていた。

「おにぎりが食いてぇなぁ…」

戦いのさなかに少年のなかに甦った前世の記憶…
その世界の『仕様』に唐突に気付きを得てしまった少年の、成長の物語。


警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。