SNOWLAND スノウランド
作者名: あゆ森たろ
【出だし200文字】
『何か』を失い、『何か』を忘れた冬の国――  さあいらっしゃい、あなたも。  そこから、逃げ出したいのなら。  ――おいで。歓迎してあげる。ここは、スノウランド。  陽の当たらない、雪の国…… <i67029|1775>  猛吹雪の夜のさなか、少年カケルは、道に迷っていた。  それなりの身支度をし、防護に気を遣いながらも、それでも凍えてしまって自分の準備の浅はかさ//
キーワード 冬童話2013 雪 サンタクロース 妖精 白クマ 弱者 希望 時間 自然 自由 国 ナイトスノウ 
種別 短編
ジャンル 童話〔その他〕
文字数 13,113文字
掲載日 2013年 02月 07日 06時 23分
Nコード N1996BN
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
■【童話/ダーク/ファンタジー/短編】■猛吹雪の夜のさなか、少年カケルは、道に迷っていた。おいで、歓迎してあげる、ここは、スノウランド。『何か』を失い、『何か』を忘れた冬の国◇小説家になろう『冬の童話祭2013』企画参加作品……さあいらっしゃい、あなたも。そこから、逃げ出したいのなら。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。