天使とヒーロー〜天使と〇〇 番外編〜
作者名: Kt
【出だし200文字】
 私は今、トイレにいる。  空色のタイルが一面に貼られ、入って右手側に3つの小便器、左手に鏡の付いた手洗い場が2つ、正面奥には左から和式、洋式と扉に書かれた大便器が1台ずつあり、一番右端には掃除用具入れが、どの扉も閉じられているごく一般的なトイレだ。  ちなみに私には排泄など必要ない。要するにトイレに|用を引き《・・・・》に来たのは私ではない。 「質問いいか?」  今、話しかけてきたのは当//
キーワード 日常 天使 死神 死 友情 強盗 事件 短編 一人称 万人向け 
種別 連載完結済〔全12部分〕
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
文字数 33,535文字
掲載日 2017年 08月 25日 00時 11分
最終投稿日 2017年 11月 15日 00時 23分
Nコード N2202EF
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
天使は今日もいつも通りの仕事——スムーズに成仏してもらうために、死確者(=死が確定した者)の未練を解消させること——をこなしに、現世へ向かう。
諸々の理由から、今回は楽な仕事になる——と思いきや、ある予想外に巻き込まれてしまうことに。天使はちょっとした力を駆使しながら、死確者とともに予想外を突破しようと考える。
だが、予想外は他の予想外まで連れてきてしまっていたのだった。

これは、少しズレた天使とある男の物語——


※本作は未練解消がメインではなく、天使という存在の特異性などを活用した物語です。そのため、本作だけでも楽しんでいただけるかと思います。
 ですが、一部の用語や設定について、支障にならぬ以上は説明しておりませんので、気になる方は本編である『天使と〇〇』(URL→http://ncode.syosetu.com/n0233du/)を是非お読み下さい。(特に、「天使と女」に詳しく書かれています)

この作品は「カクヨム」でも、掲載をしています。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。