勇者召喚に巻き込まれたけど、異世界は平和でした
作者名: 灯台
【出だし200文字】
 それは何かの予兆を孕んでいた訳でも無ければ、別段非日常的な光景でも無かった。少しだけに通常との差異を挙げるのなら、大学の帰り道に母校の制服を着た男女を見かけた程度。  男子二人に女子二人、同じ部活にでも所属しているのかすぐ前を歩く四人の高校生は楽しげに会話を行っており、エリートぼっちの俺には眩しい光景だ。特に女子高校生二人はクラストップの美少女と言って良いくらい可愛らしい容姿をしており、一緒に歩//
キーワード R15 異世界転移 異世界 魔法 恋愛 ハーレム ほのぼの 交友チート スローライフ 幼女メインヒロイン 貴族 主人公凡人 ヒロインが最強 星球大賞 
種別 連載〔全525部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 1,779,478文字
掲載日 2016年 05月 07日 21時 08分
最終投稿日 2017年 11月 20日 22時 02分
Nコード N2273DH
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
ある日突然異世界へ、どうやら勇者召喚に巻き込まれたらしい。当然勇者は俺ではなく別の人……正に王道ともいえる展開に疑心暗鬼を募らせながら、俺は戦乱に身を投じていく――なんて事は全く無かった。

魔王? 1000年前に倒されました。勇者? お祭りの主役です。貴族? 親身になって世話を焼いてくれます。魔族? 人間と良好な関係です。戦争? 800年以上起ってません。魔物? ギルドと騎士団が対応します。送還? 最終的にノーリスクで帰れます。

巻き込まれた俺の今後はどうなるの? この異世界を存分に楽しんで頂き、交流や観光を行ってもらい、10年に1度の世界をあげてのお祭りを体験した後……怪我無く無事にお帰り頂きます。

異世界は――平和でした。

魔界の魔族、神界の神族、人界の人族、3つの世界と3つの種族が親しき隣人となって過ごす平和で優しい世界。

帰還までの1年を平穏に過ごしたいと思う気持ちとは裏腹に、何故か俺の周りには各界の重鎮ばかりが集まって来て……

※モーニングスター大賞にて大賞を受賞しまして、書籍化することになりました。第一巻の発売日は6月22日です。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。