転移したら賢者、転生して魔王の息子になりました。 ~えっ⁉ 王位継承権十六位って低すぎだろう~
作者名: 雪国竜
【出だし200文字】
 キ~ンコンカンコ~ン、キンコ~ンカ~ンコン。 「今日はここまで、日直、号令」 「起立、礼」  日直が号令をかけ終わると、授業を教えていた先生が教室から出て行く。  今日はこれで授業は終わりなので、後は担任がSHRをしたら家に帰れる。  僕こと|猪田信康(いのたのぶやす)は椅子にもたれながら、担任が来るのを待つ。 「今日の授業も難しかったね。|猪田(いのた)君」  隣の席に座っている|椎名雪奈(し//
キーワード 残酷な描写あり 異世界転生 異世界転移 主人公は賢者 ツンデレ ハーレム 王子 ブラコン 商人 傭兵 戦争 他にも転移者あり ヤンデレ OVL大賞4  HJ大賞 恋愛 
種別 連載〔全240部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 644,434文字
掲載日 2017年 03月 17日 02時 53分
最終投稿日 2018年 02月 21日 23時 58分
Nコード N3087DW
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 主人公|猪田信康(いのたのぶやす)は親しくしている異性の友達に日々絡まれながら、日常を楽しく過ごしていた。しかし、そんな時も終わりを迎えた。
 SHRが終わり、教室にはクラスメート達と自分以外居なくなると、突如魔法陣が浮かび上がり、自分達は異世界エルディアスへと転移させられた。そこからはテンプレ通りの展開になり、それから数年がたち、自分は賢者と言われるほどの存在になった。異世界に転移しても、異性の友人たちは自分を構うが、それを快く思わない者達が、自分を戦に引っ張りだされ暗殺された。
 そして、目覚めると自分は赤子になっていた、しかも十六人いる魔王の息子として転生した。
 しかも、王位継承権が十六位と低いので、自分は魔王になれないし、仮にも血の繋がった兄弟達を殺すのに気が引けて、信康は継承権を破棄して商人として生きる事を決めた。





警告
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。