黙って笑え。それ以外は望まない
作者名: ほねのあるくらげ
【出だし200文字】
 産声が響く。寝台に横たわった女は荒い息を繰り返しながら天井を見つめていた。 「ネル様、おめでとうございます!」  侍女が駆け寄る。その背後には赤子を抱いた医者がいた。女は目だけぎょろりと動かし、鋭い声で尋ねる。 「男よね?」 「……ッ!」  侍女は言葉を詰まらせ、救いを求めるように年老いた医師へ視線を向ける。医師は思わず目を伏せたが、それでも震える声を紡いだ。 「妃殿下、恐れながら申し//
キーワード 政略結婚 強面 じれじれ ほのぼの 愛され系主人公 勘違い 婚約者 卑屈 脳筋 主人公の知らない所で たまにシリアス 成長 
種別 連載〔全63部分〕
ジャンル 異世界〔恋愛〕
文字数 322,373文字
掲載日 2016年 03月 07日 22時 03分
最終投稿日 2017年 09月 04日 19時 05分
Nコード N3116DE
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
同盟のために異国の王のもとへ嫁ぐ事になった小国の王女アーニャ。そんな彼女を待っていたのは、熊のような大男だった。
彼はアーニャを迎えるなりこう言い放つ。「お前はあくまで飾りだ」と。
――――これは気弱な少女が、不器用な青年と婚礼を上げるまでの半年間の物語。

※本編完結済みです
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。