あたしは、猫。
作者名: 山本 風碧
【出だし200文字】
 あたしは猫。名前はアリス。歳は一歳。――でも、もう大人よ。  あたし、今日は大嫌いな主人に連れられて、隣町まで来ているの。  なんで大嫌いかって? だって主人ったら、いつも、何に対しても熱狂していて、あたしはその様子に興ざめしちゃう。いい歳なんだからもうちょっと落ち着けないのかしらって、ずっと思ってる。  この間だって、どこそこの女の子が結婚式に出るからって、なぜか大はしゃぎ。わざわざ出かけて//
キーワード R15 残酷な描写あり 長靴をはいた猫 恋愛 成り上がり コメディ 童話風ファンタジー 料理・スイーツ 
種別 連載〔全71部分〕
ジャンル 異世界〔恋愛〕
文字数 297,577文字
掲載日 2011年 06月 24日 06時 26分
最終投稿日 2014年 05月 08日 18時 01分
Nコード N3154U
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
訳あって猫に姿を変えてしまったアリスは、人としての記憶がなく、己を猫だと思い込んでいる。
ある日、馬車に轢かれたアリスは、一人の少年に命を助けられる。
彼の優しさに心惹かれるアリスは、せめてもと恩返しを始めるけれど……それが国に潜む禁断の謎を暴きはじめるとは考えもしないのだった。

己が何者かも知らずに能天気に振る舞う猫のメイド、アリスと、彼女の正体を知らずに禁断の恋に悩む純情少年リュシアンが織りなす、甘く、優しく、残酷な大人のフェアリーテイル。第一部(本編)完結済み。
第二部不定期更新中。

※携帯サイトにも転載あり。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。