異世界転生モノの流行は、未来への予見かもしれず。
作者名: ワイヤー・パンサー
【出だし200文字】
 2016年の今年になって、異世界転生モノが、ネット小説上で、こんなにも流行っていることを知りました。  そもそも私はテクノロジー関連に興味を持っております。  そのため、この異世界転生モノの流行を知ったときには、 「人類は、おぼろげながら、未来を感じ取っているのだなァ」 と、自然にそう思いました。  異世界転生モノの、親戚のようなジャンルとして、VRゲームモノがあります。(VRMMORPGモ//
キーワード 近未来 人工知能 電脳世界 異世界転生の実現 心のアップロード 人工世界 AI ナノロボット 体と心の分離 人はコピー人間 VR 
種別 連載完結済〔全3部分〕
ジャンル エッセイ〔その他〕
文字数 4,305文字
掲載日 2016年 11月 15日 16時 32分
最終投稿日 2016年 11月 17日 09時 14分
Nコード N3555DQ
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
このエッセイでは、異世界転生を実現する様子を説明していきます。
異世界転生モノの流行を知ったとき、私は未来の予見だと感じました。
異世界転生モノが、現実で本当に実現できるものだと、思っておられる方は、案外少ないような気がして、これをしたためました。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。