野生の電子レンジが襲ってくる世界にきました -天才ハッカーのハッキング無双ライフ-
作者名: じいま
【出だし200文字】
「つまりこの木は・・・プラズマライフルの木ってこと?」 ギャアギャアと、得体の知れない生き物の声がこだましている。目の前には見渡すかぎり緑一色の、見事なジャングル。冷凍睡眠から目覚めるとそこには見慣れた街の風景はなく、ただただ緑のジャングルが広がっていた。 それも普通のジャングルではない。草の影から飛び出してきたのは、電卓と生きたカエルが融合した生き物だった。なにかのケーブルがヘビのようにうね//
キーワード R15 残酷な描写あり 近未来 人工知能 電脳世界 サイバーパンク ディストピア ギャグ 男主人公 アンドロイド 職業もの ハーレム チート ネット小説大賞五 HJ大賞 ツタヤリンダ大賞A2 
種別 連載完結済〔全202部分〕
ジャンル 空想科学〔SF〕
文字数 585,654文字
掲載日 2016年 08月 02日 11時 40分
最終投稿日 2017年 01月 24日 20時 07分
Nコード N3576DL
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
冷凍睡眠200年の刑から目を覚ました天才ハッカー。彼の目の前に広がるのは慣れ親しんだ美しい都市ではなく、自然と人工物の境界がなくなった異様な世界だった。ヘビのように這いまわるケーブルが電卓と融合したカエルを追いかけ回し、緑の葉っぱを茂らせた木々がプラズマライフルを実らせる。生きた機械におびやかされながらもたくましく生き残る人類、巨大な機械生物との戦い、遺跡と化したかつての都市群での発掘・・・ヘタレの天才ハッカーと相棒のメイド型毒舌美女アンドロイドが繰り広げる、荒廃した世界でのゆるゆるハッキングライフ。

※ 2017/1/24 完結しました
※ 2016/12/9 ツギクルブックス創刊記念大賞、AI特別賞を受賞しました。応援ありがとうございます。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。