スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました
作者名: 森田季節
【出だし200文字】
 相沢梓(あいざわあずさ)、二十七歳。  社畜。  仕事のために、仕事のためだけに生きてきた。  恋も遊びも全部、横に置いてひたすら仕事をした。  そしたら、ある日、仕事中にばたっと意識を失った。  次に目を開いた時には、若い女の人の顔があった。なぜか、天使の羽みたいなものが生えている。 「ああ、私、死んだんですね……」  本当に仕事のためだけに終わってしまった人生だった。  そして、この//
キーワード 異世界転生 チート ファンタジー スローライフ 竜人 女性主人公 エルフ 魔王 
種別 連載〔全279部分〕
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 689,526文字
掲載日 2016年 06月 23日 17時 14分
最終投稿日 2018年 02月 17日 09時 45分
Nコード N4483DJ
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
※2018年1月15日GAノベルから5巻発売します! シバユウスケ先生によるコミックも同時発売になります! ガンガンGAさんにてコミカライズ連載中です! ドラマCD同梱版のノベル5巻も同時発売です! 本当に皆さんのおかげです! ありがとうございます!
ごく普通の社畜OL、相沢梓は働きすぎが原因で過労死した。
そのため、17歳の容姿を持つ不老不死の魔女として、高原の一軒家でスローライフを送ることにした。
主な収入源は近くに生息するスライムを倒して魔法石を手に入れること。これをふもとの村のギルドで売っていた。ほかにも、薬草の知識を使って薬を作ってあげたりして、「高原の魔女」として感謝され、敬意を集めて生きていた。

だが、300年もスライムを倒す生活を続けてきた結果、経験値が蓄積しすぎて、知らないうちにレベル99の世界最強の魔女となっていたことが発覚。

レベル99の魔女は今日も村のみんなのため、世の中のために、弟子のドラゴン少女とともにほどほどに働きます。
警告
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。