「アトモスフィア」 佐藤健志 短編集
作者名: 佐藤 健志
【出だし200文字】
「僕の嫌いな故郷」 青い青い青い星。 真っ黒い深淵をまあるく切り抜き、青と白の絵の具をぽんぽん投げ入れて混ぜたような、恒星の光を美しく反射した星。 僕はぼんやりとその光景を思い遣った。ああ、そんなところがあったなあって。 人がたくさんいたな。 建物がたくさんあって。友達や同僚と言ってもいいような人もいっぱいいた。 だけどいつでも僕は一人ぼっちだったように思う。 どんなに笑っても、楽しく//
キーワード ミステリー 冒険 短編小説 SF 恋愛 学園 
種別 連載完結済〔全50部分〕
ジャンル 空想科学〔SF〕
文字数 60,456文字
掲載日 2016年 03月 31日 12時 15分
最終投稿日 2016年 05月 17日 22時 14分
Nコード N4677DF
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
空いた時間、1分で読める短編集。日常、SF、ファンタジーなど。「即興小説トレーニング」http://sokkyo-shosetsu.com/author.php?id=110067824で書いたものを加筆修正しています。ほっこりしたり、考えたり、しょんぼりしたり。皆さんと楽しみを分かち合いながら、明日へ向かう勇気とエールが伝わっていけばいいなと考えて書いています。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。