無関心の恋(拍手お礼の中身)
作者名: 黒湖クロコ
【出だし200文字】
 ああもう。何であんなこと言っちゃったんだろう。  思いっきり自己嫌悪だ。 「佐久間は貴方があまりに悲観的で何の能力もないって嘆くだけのうっとうしい考え方をしているから、貴方に自信をつけさせようとしてるの――って、何様よ」  トイレの鏡に映る私は情けない姿だ。  あんな言葉、言うつもりはなかった。  ただ、佐久間があまりに嬉しそうにDクラスである影路の話をするから……魔が差してしまったのだ。実際//
キーワード 身分差 超能力 ファンタジー 番外 おしごともの 
種別 連載〔全9部分〕
ジャンル 異世界〔恋愛〕
文字数 37,019文字
掲載日 2014年 01月 28日 07時 46分
最終投稿日 2017年 01月 20日 23時 27分
Nコード N5216BY
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 こちらは、【無関心の恋】に設置してある拍手お礼の中身の再録です。内容は、無関心の恋の番外となり、主人公以外の視点で書かれるものが基本となります。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。