Valkan Raven
作者名: 待草雪
【出だし200文字】
<i123877|10401>  「人間の世界は、幾つもの群れで構成された部屋の集まりのような物だ」と、ある日彼は私に言った。  その例えには納得が出来たし、心から救ってくれる物だと思った。今まで持っていた世間への価値観が全て私の勝手な決めつけでしか無かった事を、この言葉を言われてから頻繁に意識する事が出来るようになった。  それでも人間の作っている部屋の数は、余りに膨大過ぎる。一生//
キーワード R15 残酷な描写あり 現代物 オリジナル 銃火器 
種別 連載〔全14部分〕
ジャンル その他〔その他〕
文字数 74,758文字
掲載日 2014年 01月 01日 20時 08分
最終投稿日 2016年 11月 22日 02時 18分
Nコード N5501BX
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
終わる兆しの見えない長年の不景気の中、荒んでいく一方の人々の生活と心は、いつしか歪んだ現実から目を背けるか、自らも歪むかのどちらかとなっていた。不幸な半生により存在価値を見いだせなくなっていた少女は、現実逃避の中で偶然にその世界に行く為の片道切符を手にすることになる。謎多き殺し屋に導かれ、今までの全てを捨てた時、彼女は「生きる」という行為の本当の意味と、覆い隠したくなる程の「人間」という生き物の真実を目の当たりにする。これはこの日本という国に存在している、生と死と絶望と希望が渦巻く「排他された数字の世界」の物語。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。