魔剣使いの転生者
作者名: うみにゃー
【出だし200文字】
(あ〜あ、、、こんな事になるなら日頃から鍛えておけばよかった、、、) 少年は走馬灯のような物を見ながらそう思う。 (今思っても仕方がないか、猫は助かったのかな?) 刹那とも言える時間の中で少年はとある猫のことを思い浮かべる。 「ごめんね母さん」 届くはずのない言葉を告げる。この瞬間少年の意識は途切れた、、、 10分前 //
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転生 冒険 魔法 精霊 剣 
種別 連載〔全5部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 12,875文字
掲載日 2017年 11月 13日 01時 07分
最終投稿日 2017年 11月 21日 00時 43分
Nコード N6069EJ
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
「え?あれ?…俺は死んだはずじゃ?」

猫を助けようとし、車に轢かれた主人公鈴木 明は神様の使いの猫を助け神様に魔法が使える異世界に行かせて!、と言い異世界へ転生。神様がお詫びに前世の記憶を持たせてくれた。
そこで魔女に助けられ、育てられた。魔女にこの世界の事を教えられ、人々は精霊と言われる存在と共存し精霊は剣に、人は鞘のような役割をし、精霊の力を借りて生活していると言う。
そんな世界に転生した明は前世の記憶を活用して行く!

※あらすじは適当です
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。