悪徳領主ルドルフの華麗なる日常
作者名: 増田 匠見(旧master1415)
【出だし200文字】
 すでに高く昇り切った太陽の光を感じ、優しい微睡から徐々に覚醒していく。 「んん~~」  よく寝た。  いや、よく寝過ぎたせいか、やや頭が重たくボーっとする。  これ以上眠る事は出来ないが、かといってすぐに起きる気分でもない。  しばらく柔らかいベットの感触を堪能した後に、ようやく起きる気になりベットの脇に置いてある呼び鈴を鳴らす。  チリンチリン  軽い音が響き、程なくしてノックの音が聞//
キーワード R15 残酷な描写あり 日常 悪徳領主 名悪徳領主 コメディ ファンタジー どうしてこうなった ギャップが酷い 非ツンデレ 無デレ 勘違い ご都合主義 悪役www 胸糞(笑) バカ貴族 書籍化……だと!? 
種別 連載〔全55部分〕
ジャンル コメディー〔文芸〕
文字数 268,198文字
掲載日 2016年 06月 27日 13時 17分
最終投稿日 2018年 01月 16日 08時 18分
Nコード N6464DJ
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
ここは辺境の地ファーゼスト領。
土地は痩せ、魔の領域に囲まれた最果ての地。
それを治めるのが私、ルドルフ=ファーゼストだ。

「私の領民だ、拐って何が悪い?」
「金を貸せだと?よし、5倍にして返せ!」
「食糧が欲しい?貴様はブタの餌でも食っていろ」

などなど我儘放題、好き勝手し放題。
強きを助け弱きを挫く、悪徳領主ルドルフの華麗なる日常をお届けします。

(※嘘は言っていない)

現在、不定期更新を行っておりますm(_ _)m

追伸:2018年1/16にアース・スターノベルさんから、まさかの出版を致しました。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。