チートを作れるのは俺だけ~無能力だけど世界最強
作者名: 三木なずな
【出だし200文字】
「な、なあ! おれ、じつはお前のことが――」 「ごめんねー、今日はサヨナラをいいに来たの」 「………………え?」 「あたしさ、アイホーンのパーティーに誘われたから、彼と一緒に行くことにしたんだ」 「そんな! 約束したじゃないか、十六歳になった一緒に旅に出て、世界中をまわった一緒にビッグになろうって」 「あははははは、そんなの本気にしてたの? やめてよー。ハードなんてアイホーンに男として全部負け//
キーワード ファンタジー 奴隷 異世界 最強 ご都合主義 成り上がり 現地主人公 
種別 連載〔全52部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 201,677文字
掲載日 2017年 01月 05日 00時 36分
最終投稿日 2017年 11月 24日 02時 00分
Nコード N6749DS
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
将来を約束した幼なじみに捨てられた、彼女はおれに将来がないと見下して、イケメンの冒険者について行った。
彼女を見かえすために買った奴隷は、捨て値の在庫処分だと思っていたら、実はおれが命令したときだけとんでもない力を発揮する女の子だった。
二人目の奴隷も手に入れた、助けを待つだけのお姫様だとおもっていたら、おれの奴隷になった瞬間とんでもないスキルを身につけた。
どうやらおれ自身に力はないが、仲介して女の子にチート能力をつける事ができるみたいだ。
それを知った幼なじみがイケメンを見限ってすり寄ってきたけど、今度はこっちから捨ててやった!
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。