小犬あげます
作者名: 緒形誠志
【出だし200文字】
〈小犬あげます〉  その張り紙を見て、正太は胸躍らせた。  まえから、犬を飼ってみたかった。自分も小さいので、小犬を。  一緒に公園で遊んだり、河原を駆けてみたり。  正太は思いきって父親に相談してみることにした。近所のその張り紙のことを打ち明けた。 「小犬か。ふーむ」  自分の気持ちを話し終わり、正太はどきどきしながら父親の返事を待った。 「面倒はみられるのか。おまえが全責任を負うんだぞ」 「や//
キーワード 日常 ホームドラマ 
種別 短編
ジャンル コメディー〔文芸〕
文字数 857文字
掲載日 2017年 11月 15日 03時 35分
Nコード N7156EJ
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
小犬あげます、の張り紙が貼ってあった…
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。