タイガの森の狩り暮らし〜契約夫婦と東欧ごはん〜
作者名: 江本マシメサ
【出だし200文字】
 ――殺せ、見つけ次第、殺すのだ!!  男の怒号が森の中で響き渡る。  目の前は凄然たる雪景色が広がっていた。  吹く風は刃(やいば)。積もる雪は体を極限まで冷やし、命を削る塊となる。  樹氷の並木道は美しいが、そんなことなど気に留めている場合ではなかった。  やせ細った青年とも少年とも言えない男は、白い息を吐きながら、凍った道をすべらないよう注意して走って行く。  ――どうしてこんなことに!//
キーワード R15 残酷な描写あり 年の差 契約結婚 狩猟 ロシア風 料理 ツンデレ 雪国 サバイバル 新婚 毛皮 ジレジレ 架空世界 年上妻 虎 
種別 連載完結済〔全85部分〕
ジャンル 異世界〔恋愛〕
文字数 288,134文字
掲載日 2017年 04月 13日 01時 16分
最終投稿日 2017年 11月 27日 00時 17分
Nコード N7198DX
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
絶世の美女であり、凄腕の狩人でもあるオリガと、ツンデレ貴族で元パン屋のミハイルは、タイガ(針葉樹林)の森で出会い、互いの利益のために契約結婚をした。
ストーブと一体化したかまどでパンを焼き、狩猟で得た肉でスープを作る。
厳しくも美しい森の中で、夫婦のサバイバル新婚生活が今、始まる。
※本編完結済みです。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。