オーガニクス
作者名:
【出だし200文字】
-なにもない。 -俺には何もなかった。 -最初からわかっていた。 あの場所を抜けたところで、俺は命のやり取りをしていた。 生きるすべはこれしか知らない。 しかし、この場所にはルールがある。 決着をつけるのは人なのだ。 だから、この場所には俺の居場所はない。 -俺には何もない。 -俺はあの場所に戻るしかない。 -あの場所でやらなければならないことがある。 俺にはわかっている。あいつが待ってい//
キーワード ファンタジー SF 少年 ロボット 
種別 連載〔全22部分〕
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
文字数 162,650文字
掲載日 2013年 02月 23日 03時 10分
最終投稿日 2014年 09月 16日 01時 03分
Nコード N7221BN
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
この小説「オーガニクス」は過去作
http://exhobby.web.fc2.com/organics0/
の一部修正、別ルートバージョンです。

なお、過去作は関連はありますが、
特に読まなくてもわかるようになっています。
もしも興味が出たら過去作も読んでもらえたらうれしいです。
物語は未来、現在、過去の三部で話はすすみます。
各部で主人公が変わり、
生物兵器オーガニクスを手に入れた少年が不思議な運命をたどります。


とりあえず、著者が好きな要素を盛り込みました。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。