復讐完遂者の人生二周目異世界譚
作者名: 御鷹穂積
【出だし200文字】
 黒野幸助(くろのこうすけ)の周囲には、七人分の死体が転がっている。  酷く損壊したそれらは、彼が手ずから破壊し、破棄したものだ。  駆除と言い換えてもいい。  殺人という意識はなかった。  抱ける筈が無かった。  異臭を放つ汚物と化した者達は生前からして、控えめに言ってゴミクズだったからだ。  今となっては見る影もないが、七人が七人とも今年十八になる幸助とそう年の変わらない若者だったが、そ//
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転生 異世界転移 異能力バトル ヒーロー ダークファンタジー 男主人公 魔法 アクション 
種別 連載〔全251部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 774,687文字
掲載日 2016年 04月 05日 10時 08分
最終投稿日 2018年 02月 20日 18時 23分
Nコード N7225DF
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 黒野幸助(くろのこうすけ)は復讐者だった。
 陵辱の果てに凍死という非業の死を遂げた双子の妹。
 最愛の妹の仇を討つ為、当時十三歳だった幸助はありとあらゆる手を講じた。
 そして五年の時を掛けながら、復讐を果たしたのだ。
 だが復讐を果たした時、犯人を殺す為だけに生きてきた幸助はそれ以降を生きる気力をたもつことが出来なかった。
 だから犯人を殺したのと同じナイフで自分の首を掻き切ろうとする。
 しかし、そこで声が聞こえた。
『勿体無いのではないか?』
 気付いた時、そこは既に自分の居た場所、居た日本、居た世界ではなく。
 前世で不幸だった者が強力なステータス補正を受ける――異世界だった。
※書籍版全4巻発売中
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。