猫の子町 
作者名: 出雲隼凱
【出だし200文字】
「桃ちゃんちょっとこっちにおいで」 幾田小町は日本から苦労して連れてきた大切な5匹の猫のうち最年長の白と黒が程よく混ざり合った毛色の大きな猫を両手で挟むように持ち上げると膝の上に乗せた。2,3度頭を撫でると手にしていた首輪を丁寧につけてあげた。その猫がメスなので気を使って赤い色の首輪を選んであげた。これで全ての飼い猫に首輪を付け終わった。小町は猫をそっと床に降ろすと古い木製の椅子からゆっくりと腰を//
キーワード 推理 復讐 旅行/旅 ミステリー 殺人 悲劇 海外 
種別 連載〔全11部分〕
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
文字数 31,471文字
掲載日 2013年 10月 01日 10時 52分
最終投稿日 2013年 12月 08日 07時 00分
Nコード N7299BU
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
フィリピンの小さな島の砂浜に日本人女性の水死体が発見される。
筆者の運営するサイトと同時進行でアップロードしていきます。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。