スクールバトラー
作者名: 時田一哉
【出だし200文字】
「……行ってきます」  学校に向かうダルさを振り払うように母さんにそう告げて家を出た。  今日は新学期。俺は一年から一つ上がって二年だ。高校二年は一年と三年に挟まれていてあまり気負いをせずに、ちょうどいい学年だと俺は思う。  この学校のクラス発表は、新学期開始の日だ。今日は運命の分かれ目だ。  今年はどんな奴が同じクラスになるのか学校に行き、貼ってある紙をみるまではわからない。  俺は一人だ//
キーワード 主人公学生執事 傲慢なお嬢様 出る執事増えるw バトル発生します ゲームを2話まで公開 学校/学園 恋愛 メイド 少女 青春 少年 高校生 現代(モダン) 
種別 連載〔全17部分〕
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
文字数 24,492文字
掲載日 2008年 12月 23日 17時 22分
最終投稿日 2009年 11月 26日 17時 49分
Nコード N7548F
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
今日から俺こと柊恭介は高校二年だ。新学期早々に久々津綾羽と言う、超威張ってるお嬢様の執事になれと言われれて、執事をやっているうちに他の執事や新しい執事に会っていって――
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。