親友の最後のお願い
作者名: イブ
【出だし200文字】
何も書かれていない墓石に跪き祈る様な姿で女性は動かない。 「母上、そろそろ時間です」 女性の後ろで成人していない少年が緊張感ある声で女性の時を動かす。 「そうね、そろそろ王城は落ちる頃ですわ。貴方はこれから南の国のクライハント商会オーナーのヨハンと言う商人を頼りなさい。そこで貴方の王としての気質が試されるわ。私の愛しき子よ、さぁ、先程教えた場所へ向かいなさい」 少年は悲痛な顔で首を//
キーワード 残酷な描写あり 婚約破棄 友情 約束 復讐 ざまぁ? 死に方 王妃 貴族 
種別 短編
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
文字数 7,209文字
掲載日 2015年 11月 07日 20時 14分
Nコード N7584CY
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
婚約破棄後の話です。とある女性の復讐劇です。そして、友の願いを叶えるお話しです。皆、色々と詰んでます。だからこそ、最後まで自分を貫きます。
警告
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。