ゲームブック:死霊使いの洞窟
作者名: いかぽん
【出だし200文字】
 空にはおどろおどろしい暗雲が立ち込め、やむことのない雷鳴が轟いている。  旅の戦士であるキミは今、邪悪な|死霊使い《ネクロマンサー》を退治するため、そのねぐらである洞窟の前まで辿り着いたところだ。  キミは背負い袋を下ろして、その中から松明(たいまつ)と火口箱(ほくちばこ)を取り出す。  そして、火口箱の中に収納されていた火打ち金(がね)と火打ち石を打ち合わせ、その火花で、やはり火口箱の中か//
キーワード R15 残酷な描写あり 冒険 ファンタジー 剣と魔法 バトル/戦闘 ゲームブック RPG 二人称 
種別 連載完結済〔全30部分〕
ジャンル その他〔その他〕
文字数 24,134文字
掲載日 2015年 08月 05日 15時 49分
最終投稿日 2015年 08月 06日 10時 19分
Nコード N7874CU
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 旅の戦士であるキミは今、邪悪な死霊使いを退治するため、そのねぐらである洞窟の前まで辿り着いたところだ。
 左手に火がついた松明、右手に剣を構えたキミは、洞窟の中へと慎重に、かつ大胆に足を踏み入れてゆく。
 厚手の衣服の上に身に付けている鎖かたびらが、ちゃらちゃらと音を鳴らす──

※このテキストは、読者であるあなたが、ファンタジー世界であなたの分身となる架空の人物を操ることで、その世界での冒険を疑似体験的に楽しむことができるよう作られた『ゲームブック』と呼ばれるゲームの一種です。
 ゲームブックを知らない人でも楽しめるように作ったつもりなので、興味を持たれた方は、試しに覗いてみて下さいませ。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。