俺と君達のダンジョン戦争
作者名: トマルン
【出だし200文字】
 白、白、白、知覚できる全てが白で覆い尽くされ、意識は靄《もや》がかかったようにぼんやりとする。  ここはどこだ、といった疑問すら浮かぶことは無い。  ただ、当たり前の様にそこにいる。  まともに思考できているのかすらあやふやだ。  まるで夢を見ているかのよう。 【君はこれから、幾多の困難に直面する】  機械的な声が頭に浮かぶ。  何の感情も読み取れない。性別すらはっきりとしない。そんな声だ。//
キーワード R15 残酷な描写あり 冒険 近未来 ダンジョン 政治 ロボット 天使 エルフ 戦争 ヒロイン最強 最狂 ハーレム 魔法 ヤンデレ NINJA OVL大賞4 
種別 連載〔全81部分〕
ジャンル 空想科学〔SF〕
文字数 193,873文字
掲載日 2017年 08月 17日 19時 49分
最終投稿日 2017年 11月 08日 00時 12分
Nコード N7977EE
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
フワッとした感じに書き上げられた、ゆるキャラ達の織り成すほんわかギャグストーリー!
戦闘本能を剥き出す魔物、近代兵器で武装するエルフや獣人、決死の形相で襲い掛かる天使と神、火力主義のロボット軍団。それらを尽く踏み躙るヒロインにドン引きする主人公の話。

目が覚めたら、何の脈絡もなく知らない屋敷にいた主人公。腕には見たこともない機械が取り付けられている。途方に暮れる主人公は、現状打破の唯一の手がかりである機械に表示されるミッションをこなそうとするが……

ヒロイン登場は第六話から。

空想科学要素:近未来兵器 ガン〇ム ロボット 敵の素敵技術
ファンタジー要素:魔法風味 スキル
推理要素:黒幕 主人公の超絶人外推理力
歴史要素:第三次世界大戦
アクション要素:ヒロイン
ホラー要素:ヒロイン
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。