この転生者、俺TUEEEしすぎて自重する気ないんですが!? だから目立たないでって言ってるでしょっ!
作者名: 時の勇者
【出だし200文字】
「あなたは死にました……あの、どうして目を輝かせて私を見ているのですか?」  目の前にいる美しさをそのまま具現化したかのような白い服を着て白く長い髪の女性は、黙って正座をする紺ジャージ姿の俺に対しそんな疑問を投げかけた。 「騒いだほうがいいのでしたら、騒ぎますが、女神様!」 「あ、あの、女神ってまだ名乗っていないのですが」 「女神様じゃないんですかっ!?」 「い、いえ、女神です」 「なら問題ありま//
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転生 ハーレム(?) 自重しない主人公 主人公最強 俺TUEEE 異世界無双 勇者召喚 冒険者ギルド 悪目立ちする ネット小説大賞六 
種別 連載〔全53部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 130,373文字
掲載日 2017年 12月 07日 18時 15分
最終投稿日 2018年 01月 18日 22時 37分
Nコード N8151EK
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
異世界に転移したのに、悪目立ちは嫌だとか意味がわからない。
女の子を助けて死んでしまった遠野一だったが、その助けた女の子が女神の生まれ変わりだったこともあり、チートな不思議な力を貰って転移することになった。
ドラゴンはワンパンで倒せるし、魔王の最強魔法を喰らっても無傷だし、毒の沼地が少し気持ちいい。
そんなチートな主人公をなんとか自重させようとするヒロインズのドタバタファンタジーコメディー。

アルファポリスでも連載中
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。