愛されぬ王妃と唯一の恋
作者名:
【出だし200文字】
 昔々、あるところに、若く美しい王さまがありました。  王さまは、方々への遠征の末、国を平定した英雄でした。  王さまは冒険のおしまいに、異国の美しいお姫さまをお城に連れ帰り、結婚しました。  二人はとても幸せに暮らし、二人の間には玉のような男の子が産まれました。  しかし、お妃さまは、幼い王子さまを残して、若くして亡くなってしまいました。  王さまは、稚い王子さまを抱きしめながら、//
キーワード 愛されない王妃 竜 王 王子 道ならぬ恋 
種別 連載完結済〔全36部分〕
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
文字数 74,749文字
掲載日 2013年 11月 05日 20時 29分
最終投稿日 2014年 02月 22日 00時 12分
Nコード N8165BV
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 継母に疎まれ、森の館でつつましく暮らす侯爵令嬢アマーリエは、やもめで子持ちの王に嫁がされることになる。先妻を愛し続ける王は、アマーリエから財産も故郷も家族も取り上げたばかりか、決して彼女を愛さず、子どもも産ませないことを宣言する。慣れない宮廷で嫌がらせに遭うアマーリエを救ってくれたのは…。王さまの後妻になった女の道ならぬ恋の物語。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。