あいが一つ足りない
作者名: いっちー
【出だし200文字】
 曽根大貴(そねたいき)は、DVDケースを開けて眉を吊り上げた。  開店前に、借りていたDVDを返さねばならない――そう思い出して確認すれば、中身が空っぽだったのだ。  彼は苛立たしげに一つ溜息を吐くと、隣室の兄の部屋に特攻した。  おざなりにノックを数回。返事も待たずに、扉を押し開ける。  ふわり、とエアコンの冷風が頬を撫でる。 「兄貴。観たら戻しておけって――――」  盛大な音がして、扉前に積//
キーワード 悲恋 青春 三角関係 切ない 恋愛 現代(モダン) セフレ 浮気 
種別 短編
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
文字数 9,467文字
掲載日 2015年 10月 16日 13時 37分
Nコード N8239CX
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
「クズめ」

大貴(たいき)は兄のセフレに恋していた。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。