戦国小町苦労譚
作者名: 夾竹桃
【出だし200文字】
[参考・引用サイト]   ウィキペディア フリー百科事典    参考URL:ja.wikipedia.org/wiki/  千五百六十八年 八月中旬   ヤマポン総合研究所/趣味と田舎自慢系シンクタンク     地産地消を楽しむ 野の幸・ホームフルーツ・手作り作品などなど      自家製手作り加工食品       落花生の焙煎        参考URL:www.geocities.jp/yam//
キーワード R15 残酷な描写あり タイムスリップ 戦国時代 歴史改変 技術改革 現代倫理はゴミ箱へ 
種別 連載〔全134部分〕
ジャンル 歴史〔文芸〕
文字数 1,359,077文字
掲載日 2013年 01月 27日 07時 49分
最終投稿日 2018年 02月 13日 00時 39分
Nコード N8406BM
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
ある日、一人の少女が戦国時代へタイムスリップした。
それこそ神の気まぐれ、悪魔の退屈しのぎといえるほど唐突に。

少女は世界を変える力を持っているわけではない。
どこにでもいるごく普通の、そして平凡で地味な少女だった。
そんな少女が出来る事は一つだけしかない。

戦国時代を生き抜く――――それだけだ。


※ ご感想への返信は、話ごとに活動報告でさせて頂きます。
 大変申し訳ありませんが、ご了承のほどどうかよろしくお願いいたします。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。