冒険家になろう! ~スキルボードでダンジョン攻略~
作者名: 萩鵜アキ
【出だし200文字】
 札幌にある北海道最大のダンジョン、地下歩行空間――通称『ちかほ』から出てきた男が、辺りを見回して小さくため息を吐き出した。  ダンジョンに入れるのは一部の人々が憧れる職業――冒険家だけだ。 『ちかほ』入り口周辺には、アイドルの出待ちをするが如き女子達が、鋭い目つきで入り口を眺めている。  きっと冒険家が現われるのを待っているのだろう。  現われた男性冒険家が独身ならば積極的にアプローチをかけ//
キーワード R15 残酷な描写あり 冒険 チート スキルツリー ダンジョン 現実世界 迷宮 そのうち最強 災害 テイム 変態 ネット小説大賞六 
種別 連載〔全72部分〕
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 364,250文字
掲載日 2017年 09月 05日 13時 59分
最終投稿日 2018年 02月 16日 18時 00分
Nコード N8618EF
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
★ネット小説大賞六・期間中受賞いたしました★
   ☆双葉社様から書籍化されます☆

 存在感の薄い冒険家、空星晴輝が札幌の『ちかほ』に出来たダンジョンから帰宅すると、家の車庫がダンジョンに変化していた。

 ダンジョンの入り口に、石版のようなものを発見。
 もしかしてこれは、スキルボードか?

 晴輝はスキルボードを用いてダンジョンへ。

 ボードを駆使し、いずれランカーになって目立つ存在になる!
 ――はずが、何故か仮面を被りジャガイモを背負った不審者に?!

 果たして彼は『マトモ』な人物としてダンジョンを攻略出来るのか?

※本作は実際の地球・日本・企業・団体・個人とは一切関係のない『フィクション』です。
※現在、感想への返信は一部抜粋した上で、活動報告にて行っております。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。