妖怪の山の半妖譚
作者名: 天狼星
【出だし200文字】
「……だからさ、いらないっていつも言ってるじゃん」  誰もいない洞窟でぼやく。そんな私の目の前には、大きな猪が一頭転がっていた。 「また誰かにお裾分けしないとなあ……」  ため息を零しながら目の前にある猪を見つめる。食べやすいようにと気を利かせたのか、既に息絶えてはいるものの、今は食す気になれなかった。  こういう事は度々ある。いらないと何度断っても頃合いを見計らって置いていく。親分思いなの//
キーワード R15 ガールズラブ 残酷な描写あり 東方Project 二次創作 F0004-4 女オリ主 ほのぼの ご都合主義 百合ハーレム 日常譚しかない 
種別 連載〔全8部分〕
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
文字数 24,455文字
掲載日 2011年 02月 13日 17時 31分
最終投稿日 2013年 01月 28日 11時 39分
Nコード N8845Q
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
妖怪の山に住んでいる少女。彼女は狼と人間の間に生まれた半人半獣である。
これは、そんな山で平和に暮らしている少女が、なんやかんやでたくさんの人妖と関わって生きていくだけの話。

※復活しました。改訂しながら、のんびりまったりマイペースでやっていきます。
※別サイトにも投稿しています。細部が少し違いますが、ほぼ同内容です。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この作品はガールズラブ要素を含みます。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。