甘く優しい世界で生きるには
作者名:
【出だし200文字】
 父は中小企業の一応役職持ちのエリート(?)サラリーマンであり、母はそんな父を支える料理上手な専業主婦という、所謂中流家庭に二人兄妹の兄として俺は生まれ育った。   顔こそ普通であったが運動神経はよく、高校時代剣道で全国大会にも行った。学業もそこそこ、学年でいえば上の下位だ。リーダーシップを取るような人間では無かったが、大人受けがいい言動を考えるのが得意だった俺は先生からの信頼厚く、クラスメイト//
キーワード 残酷な描写あり 異世界転生 勇者 聖女 魔王 魔獣 スキル 魔法 剣 貴族 王子 恋愛 学園 チート 主人公ご都合主義 転生 他者視点あり 
種別 連載完結済〔全255部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 1,437,639文字
掲載日 2013年 11月 08日 20時 09分
最終投稿日 2017年 12月 22日 12時 00分
Nコード N8915BV
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 勇者や聖女、魔王や魔獣、スキルや魔法が存在する王道ファンタジーな世界に、【炎槍の勇者の孫】、【雷槍の勇者の息子】、【聖女の息子】、【公爵家継嗣】、【王太子の幼馴染】、【第三王女の婚約者】という大層な肩書きを持って生まれた主人公、ドイル・フォン・アギニス(十五歳)。彼は、肩書きに見合うハイレベルなスペックを持って生まれた。そして、そんな人生勝ち組な主人公は両親に溺愛されて育った結果、王道悪役な貴族の馬鹿息子街道をまっしぐら!
 そんな、王道では当馬役にされがちなポジションである主人公は、一週間高熱にうなされた結果、あざとく計算高かった記憶を思い出す。
 そして、決意する。
己が失いかけている肩書きを取り戻し、こんな(馬鹿息子)でも愛してくれた人々の為に、真っ当な道を歩ける人間になろうと。

これはありがちな設定を盛り込んだ転生ファンタジーです。
 限界以上まで下げられたハードルの中、チートな主人公が仲違いした周囲の人々と和解していきます。
 また、最初から最後まで主人公ご都合主義でまいります。
 時間がありましたら、覗いてみていただけると幸いです。
警告
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。