竜操者は静かに暮らしたい
作者名: もぎ すず
【出だし200文字】
◇レオン 4歳 「ぼくはしょうらい、パンやさんになる」 「そうか、レオンは父さんと同じパン屋さんか。えらいぞ」  それは、僕が覚えている最初の記憶。 「ちょっと、父さん。この子、まだ四つよ。パン屋になるだなんて、無理に言わせたんでしょう!」 「エイナ、おまえだって小さいときはパン屋さんになるって……言ってないな」 「当たり前よ。わたしの夢は、今も昔もお嫁さんなんだから」 「それは、父さ//
キーワード R15 竜操者の戦記 序盤は学園に通います 機械や兵器や戦争 魔法や呪い パン屋で隠居希望 
種別 連載〔全658部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 1,627,090文字
掲載日 2016年 08月 15日 09時 13分
最終投稿日 2017年 11月 20日 18時 00分
Nコード N9593DL
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
■レッドライジングブックス様より発売中です。
■毎日18時に更新します。
■閑話はシリーズ化させた所に置いてあります。

昼間はパン屋の息子、夜は暗殺者と二重生活を続けるレオンは、ある日竜に選ばれて、竜操者になることが決まってしまった。
竜の学院に通い、無事シャラザードという竜を得ることができた。

「学院を卒業したら、辺境でパン屋をやりながら静かに暮らそう」

そんなささやかな夢(笑)を打ち砕くように、月魔獣の大量降下(大転移)や、豊穣の地(楽園)の情報など、レオンに休まる時はない。
果たしてレオンは、隠居して静かに暮らすことができるのか? いいや出来やしな……おっと誰か来t(略
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。