創作していて思ったことを、徒然なるままに
作者名: ルーラー
【出だし200文字】
『運』は実力の一部のような気がします。それに対して『偶然』は実力とはまったく関係ない気がします。 まあ、重要なのは『運』は論理に組み込んでも成り立つけれど、『偶然』は論理に組み込めない、というところなのですが。 だって、そうでしょう? 『運』がよければこの策は成功する、という状況があったとして、当然その策が実行されるまでにはひたすら論理的に考えを巡らし、最後の最後で『運』に委ねることになるわけで//
キーワード 創作論 書籍からの引用 自作からの引用 やや上から目線 雑記 小説家志望の方へ 小説の書き方 
種別 連載〔全47部分〕
ジャンル エッセイ〔その他〕
文字数 81,514文字
掲載日 2015年 08月 09日 13時 12分
最終投稿日 2016年 05月 01日 19時 15分
Nコード N9705CU
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
小説を書いていて思ったことなどを、僕のブログ『ルーラーの近況報告』から抜き出し、集めてみました。
2006年のものにまで遡るため、僕の『現在の考え方』とは異なることも書かれているとは思いますが、そのあたりはどうかご了承ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。